ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター(Lamborghini Veneno Roadster)



 夢のような車の話をしよう。
 スポーツカーのメーカーとしてイタリアのランボルギーニは、かのスーパーカーブーム以降も知名度が衰えてなく、次々に意欲的な車を発表している。その最高到達点というべきが今回紹介するランボルギーニ・ヴェネーノ。ランボルギーニ社の創業50周年を記念してわずか3台が生産されたというのが2013年春頃。その後、「ロードスター」というオープンモデルが登場、生産台数はなんと、クローズドボディの3倍だがそれでも9台という希少さ。

「公道を走れるレーシングカー」
 のひとつとして括るのがもっともふさわしいだろう。
 公式な情報によれば、エンジンは6.5リッターのV型12気筒。最高出力750馬力を発生させ、最高速度は355km/h、0-100km/h加速は2.9秒となっている。このエンジンをミッドシップにマウントし、4輪を駆動する。この性能はエンジンのパワーだけで実現できたものではなく、シャシーやボディーにCFRPとかカーボンファイバーを全面的に使用したことによる軽量化の徹底に寄るところも大きい。その結果車重は1490kg。市販車でいえば、2リッターから2.5リッターの車並みか、それよりも軽いわけ。
 外観は機能本位。つまり、空力の追求、エンジンやその他の部分の冷却の最適化が優先されているが、それでもある意味「特殊な車」的オーラを発揮させるもの。ルーフは収納式とか取り外しとかではなく、元々存在していない、つまりオープントップの状態に限られるくらいに徹底したもの。
「雨の日はどうするのか?」
 と、疑問に思う時点で、この車を買う資格はないと反論されそうだ。そして、ヴェネーノはリアから斜め45度の角度で見るのが最も個性的と思う。リアの造形はフロント以上にレーシングカー的で、全体のシルエットは鋭角的かつ直線的。このあたりはランボルギーニ社の伝統のようなものもあり、他のメーカーには見られない特徴でもある。細部の造形も、
「エアロパーツはこのように作るべし」
 の見本のよう、ゲンダイのレースの世界では、直進だけでなくコーナリングの時の整流効果にも配慮してデザインが行われているので、それを取り入れたもの。この車を詳細まで観察すると、ベースとなったランボルギーニ・アヴェンタドールが単なる量販車のように見えてくるのだから、人間の感覚は恐ろしい。
 問題は価格だろうか? 日本円にして4億5000万円。ランボルギーニのネームバリュー、人間による手作業を多用した制作工程、わずか9台という少量生産などなど、これらすべてを配慮しても、筆者にはその半額くらいが妥当なように思える。それでもこの特殊性ゆえに、購入する人はいるようで、日本人が購入の手続きを取ったとしてもすでに完売の可能性が高い。
 実は、ランボルギーニ社の公式サイト、それも英語版にも、ヴェネーノの寸法が記載されていない。この車のベースとなったランボルギーニ・アヴェンタドールが全長4780mm、全幅2030mm、全高1136mmなので、これに近いと思われる。
 世界に数多くある車の中でも特別な車。こういう車を夢に見るのもまた、スポーツカーが好きな人の楽しみとなるのでは……?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月1日 | |

カテゴリー:ランボルギーニ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ