ダイハツ ミライース


ダイハツホームページより画像使用(http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm)

 最初は単なる軽自動車の新車かと思って見逃すところだったが、世間での評価を調べたところ、
「これはスゴイ」
という話が、あちこちから聞こえてきた。
ダイハツのミラ イース。
このクルマのどこがスゴイのか、実物を見ることにした。

 最初、筆者は、スズキのアルトの対抗馬を出したくらいに思っていたのだが…。
 まず、低燃費である。
「第3のエコカー」
 を唱っているとおり、エンジンやトランスミッションの高効率化、空力の改善、車体の軽量化などにより、リッター30kmを実現している。そういえば、車体のプレス形状もミラとは異なり、幾分すっきりしている。
 とりわけ有効なのが、軽量化で、燃費だけでなく、運動性能にも貢献している。軽量化は燃費に効くだけでなく、モータースポーツのチューニングでは定番となっている項目なのである。
 そして、最近の新車の必須アイテムである、アイドリングストップ機能も、当然のように全車標準装備となっている。
 次に、低価格である。
 \795,000から買うことができるが、装備などはかなり省かれており、日常の足として使うのであれば、\995,000の「X」というグレード、その上の\1,120,000の「G」が妥当で、おそらくは、このいずれかが最量販車種になると思われる。が、「生活の足」に徹するのであれば、「G」は装備過剰なきらいがあり、「X」でも十分満足できそうだ。
 「G」というグレードは、アルミホイール、オートエアコン、チルトステアリングが必要な方にのみ、奨めておこう。
 \1,120,000という価格であれば、このクルマに限らず、いろいろな選択肢が増えそうだ。
 ちなみに、メタリックカラーも用意されているが、メーカーオプション扱いで、若干価格が張る。こういう車は、輸入車もそうであるが、パステル調のソリッドカラーが似合うところがよいのであり、無理にメタリックやパールのカラーを選ぶ理由はないと…、筆者の個人的な言い分であるが、そう思うのだ。

たとえエコカーであっても、物としての魅力がなければ、購買意欲は半減どころか、全くなくなってしまう。
ミライースの外観は、特別凝ったプレスラインを採用しているわけではないが、おおむねプレーンで案外四角くて、かつ車高も適度にあって、よいものである。サイズは言うまでもなく、軽自動車規格いっぱいいっぱい。その結果、このクルマは、見た目より広い後席スペースを生み出した。足が組めることを後席に基準にする評論家がいないわけではないが、そのような乗車姿勢は、たとえ後席であっても、余計な怪我の原因となるので、やってはいけない。
この手の軽自動車の使われ方からは、4人乗ることは少なそうだが、後席でも窮屈な想いをしなくて済む。ただし、荷室はとても小さい。
インパネは、最近の傾向らしく、タコメータも水温計もないシンプルなもの。速度計はデジタルなので、針のついた計器は全くない。時代も変わったものだ。もっとも、CVTの車でタコメータの必要性はない。その代わりではないが、エコドライブアシストディスプレイというのがあり、エコ運転をしていると、インパネの証明が青から緑に変化する。さらに、最近は軽自動車クラスでも、マルチインフォーメーションディスプレイがつけられていて、平均燃費や、アイドリングストップ時間などが表示可能である。

都会でも田舎でも、ひとり暮らしなら、このクラスの軽自動車1台あれば、生活の足には用が足りる。エコロジーに興味があるならば、選択肢に加えてもよさそうだ。

・スペック
全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1500mm
車両重量:730kg~790kg
原動機:KF型 (水冷直列3気筒12バルブDOHC 658cc)
最高出力・トルク:38kw(52ps)/6800rpm 60N・m(6.1kg・m)/5200rpm
駆動方式:前輪駆動、フルタイム4WD
価格:\795,000~\1,220,000

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月21日 | |

カテゴリー:ダイハツ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ