自動車の祭典は今年も大盛り上がり!! 東京モーターショー2013レポート 其の参




 東京モーターショー2013、筆者の都合でまだまだ語り足りなく、写真を公開するために今回もレポートの一部を載せるのだ。写真とともに、「自分なり」レポートをお送りするので、今回もぜひご覧いただきたい、あらかじめ書いておくと、あと1回は続くはずなのだ。




 形は不変だが、Miniのフルモデルチェンジは2014年。東京モーターショーで全世界に向けて公開されたことになる。発表されたのはクーパーとクーパーS。これまでの1.6リッター4気筒がクーパーでは1.5リッター3気筒、クーパーSでは2リッターターボになる。写真は現行型の4輪駆動モデル。




 BMWは4シリーズが姿を現した。3シリーズのクーペ版と考えるのが妥当か。写真はその中のカブリオレモデル。居住性はよくなったが、これまでのZ4と比べてどっちが楽しいかと、走ってみたくなる気持ちになる。




 同じグループであるミニのコンパニオンがカジュアルさを演出しているのに比べ、BMWのコンパニオンはあくまでも清楚にクール。走る楽しみを訴え続けながらも、将来に向けた低燃費も重視する姿勢が展示の中から見えてきた。




 コンセプトカーBMWi8。次世代のスーパースポーツでありながらも燃費には壱呂したモデル。ドアの開き方が特徴的だが、ガルウイングではなく、シザードアというらしい。正面にはしっかりBMWのシンボルキドニーグリルが残っている。




 輸入車メーカーは各社ともSUVに力を入れてきているのが最近の傾向。BMWのもうひとつのコンセプトカー、アクティブツアラーアウトドア。PHVというモーターとエンジンを併用した方式となる。ただし、これはBMWの常識を覆すFFモデル。今後のBMWはいったいどこに行くのだろうか?




 これも近日市場に登場する予定のレクサスRC。ISのクーペ版でハイブリッド車でありながら走る楽しみを損なっていない仕上がりは健在。エクステリアだけで惹かれてしまいそうな車になっている。ハイブリッドと3.5リッターV6モデルが登場するが、価格などは未定。また、超スポーツモデルの「F」はこれがベースになるとの噂もある。




 レクサスのコンセプトカーは「LF-NX」というSUVモデル。現在のRXよりも一回り小さく2リッターターボを搭載する。RXの特徴的なデザインを受け継ぎながらも、見た目は更にアグレッシブに。そして新型ターボエンジンは走りと燃費の両立を目指している。




 自動車メーカーが自転車を販売するのは、世界中でも数多い例があるが、東京モーターショーに展示されていたのはレクサスの自転車。ハンドルの低いロードモデルの方向になっている。価格は100万円以上。自転車に造詣が深ければ魅力的な価格と品質。




 最新渇独自の技術をアピールするスバルのブース。すでに市販されているXVハイブリッドも展示されている。ハイブリッドに目が行きがちだが、当然のように衝突防止システムアイサイトも装備されている。XVはちょっと派手目な色が似合うかな?




 スバルのコンパニオン、実は衣装は白。しかし、新車展示のプレゼンテーションでは、このようなスタイリッシュな衣装だった。




 そのコンパニオンが紹介するのは、今後レガシィツーリングワゴンの後継とされる新型車レヴォーグ。現行レガシィよりも少しだけ小さくなっている。外観を見る限り、水平対向エンジンとターボの組み合わせもラインナップされそうで、質の高い走りを実現できることに期待したい。




 スバルのコンセプトカー、VIZIV EVOLUTION CONCEPT。SUVのスタイルながら大きなドアを持った2ドアで、ちょっとクーペの要素を残している。水平対向4気筒にプラグインハイブリッドの組み合わせは、市販車に応用される期待が大きくなりそうだ。




 スーパーGT選手権に参戦したスバルBRZ。市販BRZと中身は全くの別物だが、トヨタ86とスバルBRZのカスタマイズ市場が広がる中で、ドレスアップの参考になりそうだ。このような雰囲気を出せるパーツは今後市販されそうで、個性的な車が増えるだろう。ただ、WRXの展示がなかったのは惜しまれる。




 毎回、東京モーターショーでは必ず1台クラシックカーを出してくるいすゞ自動車。今回は昭和初期のトラックを展示。減益のトラックやバスと比較してみるのも面白い。サイズはそれほど大きくはなく、エルフ並み。




 個人的にちょっとびっくり的存在のいすゞMu-X。なぜならば、日本でいすゞの乗用車は市販されていないから。海外では新興国向けに製造販売されていて、しかも2013年にフルモデルチェンジした新型モデル。マイナーな存在になるだろうが、日本で市販されるかどうかが気になる存在。写真でわかるとおり右ハンドルだし……。




 ここで、大きくはないながらも東京モーターショーでがんばる部品関連メーカーなどにも注目。NOKは自動車部品メーカーで電子機器部品など目立たないところに使われるが、それでいて重要なパーツを各種展示。写真はNOKのコンパニオン。




 医療機器の方が有名だが、自動車関連電子機器の製造も行っているのがオムロン。アンケートに答えると景品をもらえるキャンペーンをしていた。展示品に派手さはなけれども、こういうところを見ておくと、東京モーターショーを2倍以上は楽しめる。




 今や売れに売れているハイブリッド車、トヨタアクアのオープンモデルが登場か!! ……という期待をつい持ってしまうのが、トヨタ車体のブース。車体メーカーにしかできない独自の車を毎年展示しているところでも、実は知られている。アクアのバリエーションとしてでなくても、モデリスタなどの外装メーカー限定モデルでも市販されると嬉しいところ。




 BMWのチューニングでは知られているアルピナ。東京モーターショーでデビューしたクーペに隠れて目立たなかったが、B3 BiTurboのステーションワゴンも渋いチョイスで面白い。日本では300台の限定販売。見た目はちょっと派手なBMW3シリーズだが、中身は全く違うスポーツマシン。




 日頃車に乗る人がお世話になっているプラグのメーカーNGK。モータースポーツ用プラグも市販されていて、車を使うのであれば欠かせない重要なパーツ。展示の規模は大きくなかったが、企業のイメージをあしらったコンパニオンは、大手企業に負けてはいない。

 今回を振り返ると、BMW系列メーカーの力の入りようが目立っているが、レクサスあたりも今後の展開が注目されるところ。そして、展示規模が大きくないブースの検討ぶりも毎回のことながら光っている。そんな感想をもって、次回に続くことにする。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月12日 | |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ