ホンダ N ONE



ホンダホームページより画像引用(http://www.honda.co.jp/N-ONE/)

 2011年の東京モーターショーで話題になった軽自動車ホンダのN ONE、パッケージングを大きく見直したNシリーズの第三弾だが、現在好調な販売となっていて、街中でもしばしば見られるようになりつつある。外観は、かつてのホンダN360をリメイクしたものだが、もちろん、今風のアレンジはされている。とかく横並びの商品展開になりがちな各社の軽自動車、その中で、N ONEはどのような特徴を持っているのだろうか?

 ホンダというメーカーは、とかくモータースポーツと関連が深いと思われがちだが、筆者はそれは、創業者本田宗一郎氏存命の頃から活動を続けている一部のモータージャーナリストによって展開されたイメージに過ぎないと思っている。本来は、フロントエンジン、前輪駆動という合理的な配置による様々な試行錯誤を繰り返し、車体全体を大きくすることなく、人の乗る空間を大きくすることを突き詰めたというのが、その歴史であり、筆者がもっともホンダらしい車と考えているのは、過去の「ステップバン」と考えている。
 当時の軽自動車規格で製造され、好調な販売をもたらしたのがN360、N ONEはその再来を目論んでいるようなところがある。
 実際、エクステリアはN360からのイメージを各部に取り入れたものだが、フロントグリルとテールランプの形状に最もそれが現れてはいるが、横から見た造形はさすがに、現在の軽乗用車のそれとなっている。テールランプは一見、N360のような赤一色に見えるが、点灯のしかたは、最近の欧州車のように凝っている。ちょっと感心したのは、四輪がボディの四隅に配置されていること、後輪をリヤオーバーハングぎりぎりにしたところまで持って行くのは、室内空間を広く採りたいコンパクトカーの常套手段であるが、フロントオーバーハングも短い。ちょっとFF車とは思えないくらいに前輪がフロントの最先端にある。
 ただし、全高1610mmはちょっと高すぎやしないか?
 正面、リアから見たときに、ヘッドライトとフロントウインドウの間が広すぎて、間延びした感じに見えてしまう。それに、N ONEは軽自動車の中でも走りに振った車種ではないだろうか?
 高い車高で室内空間を稼ぐのは、ライフに任せて、全高をあと100mmくらいは下げて、走るイメージを持たせた方が良いのでは…、と、どこにでもいるモータージャーナリストのような物言いをしてしまったが、小さく見えて室内空間が広くて、かつ、よく走りそうなイメージを持たせるには、この車高はオーバーだ。
 …と思っていたら仮想ライバルは、スズキのワゴンRとかダイハツのムーヴといった背の高いワゴンらしいという。やっぱり、ここは独自路線でもよさそうな気はするが…。
 軽自動車の中で、価格は並みか、やや高めだが、室内の装備は充実している。エアバッグ関連はもちろん、自発光式のめーたー、インテリアの質の向上など、軽自動車の中でも良くできていると思うし、外観がともかく、この内装なら納得させられる部分もある。もっとも、内装にはかつてのN360のイメージは全くない。特に、標準グレードよりも装備が充実している「Premium」というシリーズの内装は1ランク上の乗用車にも劣らないくらいの充実度。乗って数日で飽きるということはないだろう。ただし、日頃スマートフォンに頼らない生活を送っている筆者には、インターナビポケットのありがたみがイマイチよくわからない。
 エンジンは、自然吸気とターボの2種類。自然吸気の方は、最近の車には珍しく高回転型のようなイメージを受けたが、CVTとの組み合わせ。最高出力どころか、最大トルクが出る回転行きまですら回すことはできていないが、単なる低燃費エンジンではなさそうな感覚がある。ターボ車も実は、2600rpmという低回転域で最大トルクを出し、その10.6kgm値は、ちょっとしたリッターカー以上なので、走りやすさでは、こちらが一枚上手か。CVTのコントロールで力の出る回転域を使うことができるのであれば、むしろ自然吸気もあり。ただし、そのような使い方で真価を発揮するパドルシフトはターボ車のみの装備。
 で、総論。
 軽自動車の中にも、こういう個性派があってよいだろう。とかくつまらないと世間で言われがちな新車の中に、魅力ある車種が加わったことは悪いことではない。軽自動車という枠の中にも、ちょっと目立った車があると思えば、単なる枠の中だけではなく、日本の産業にまで活力を与えてくれるという、壮大なことまで考えさせられるのだ。 

・スペック
 全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1610mm
 車両重量:840~900kg
 エンジン:S07A(DOHC 直列3気筒658cc)
 最高出力・トルク(NA):43kw(58PS)/7300rpm 65Nm(6.6kgm)/3500rpm
 最高出力・トルク(ターボ):47kw(64PS)/6000rpm 104Nm(10.6kgm)/2600rpm
 駆動方式:前輪駆動
 価格:\1,150,000~\1,650,000

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月29日 | |

カテゴリー:ホンダ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ