マツダ アテンザ セダン



マツダホームページより画像引用(http://www.atenza.mazda.co.jp/)

 前回はアテンザワゴンのディーゼル版を見たのだが、前述の通り、セダンとワゴンでは性格が大きく違いそうなので、今回に限り、それぞれを別の採り上げることにした。セダンのスタイルは優れているらしく、欧米でも評価が高い。日本の車は、外国車並み、それもマツダでさえそのくらいのクオリティを出しているということか。
 引き続きアテンザセダン、それもガソリンエンジン搭載車の話をしてみたい。

 アテンザで面白いのは、全長、ホイールベースとも、ワゴンよりセダンが上回っているところ。通例は同じであるか、ワゴンがやや上回る。全長だけでなくホイールベースまで違うということは、セダンとワゴンでは骨格から異なるというわけで、そのキャラクターにも差が現れそうだが、どちらがよくてどちらが悪いというのではない。セダンは北米市場を視野に入れているという説もある。
 その辺が、走りにどのような影響を与えているかというと、筆者のようなサスペンションの挙動に対して音痴な人にでも十分わかるというくらいに違う。購入を考えているのなら、セダンとワゴン両方に試乗することをお勧めする。ちなみに、セダンの方が全長が長くて、かつ軽量にできている。筆者が百万言尽くしてその差をアピールしても説得力がないので、体感するに限る。
 走りが楽しいという評価だが、そのためにはエンジンも選ばなければならない。2リッターと2.5リッターがあり、どちらも最新のテクノロジーを投入した低燃費エンジンなので、質感も今風に高いだろうと推測する。実は、モータージャーナリストの評論では、ガソリンではなく、ディーゼルエンジンを推す人が多いのも事実だが、これは低圧縮ディーゼルエンジンの目新しさに加えて、
「マニュアルミッションが設定されているのはディーゼルのみ」
 という現状もあると、筆者は邪推している。一般論として、自動車のレポートを書く人は、得てしてオートマよりもマニュアルの方が好きなので、それを記事にする人も多かろうと思うのだ。ガソリンエンジンの6速オートマチックに限れば、価格差は50万円、自動車税も違う、されどガソリンはどちらもレギュラー指定となれば、結局2.5リッターの方がお買い得ということになる。2.5リッターでは標準装備のレーダークルーズコントロール、車線逸脱警報システムを装備したと仮定したら、実質的に価格の差は小さくなる。走りの楽しさも、車重なりの出力を持った2.5リッターに分がありそうだ。
 その走りの楽しさ。
 前回話のネタに持ってきたワゴンを上回るのだろうか? 過去の車でセダンとワゴンを比べたら、重量が重くなる分ワゴンが不利とされているが、アテンザの場合、
「それぞれにいいところと劣るところがある」
 という言い方に落ち着きそうだ。
 やはり先ほどの通り、
「セダンとワゴンは両方試乗してみなければならぬ」
 ということになり、あとは好みの問題として選んでも後悔はしない。ワインディングを走るのであれば、セダンが似合いそうだ…、その程度の差なのだ。
 しかしながら…。
 ワインディングはそれぞれに楽しそうだが、市街地の縦列駐車は、幅が広いが為に厳しそうだ。同じ理由で駐車場を選ぶ車になっている。スポーツセダンとして捉えると少々大きい感は否めない。
 そこを含めて、所有する喜びを10年保てるか、時に運転することが苦痛にならないか、――そこは買った者でなければわかるまい。

・スペック
 全長×全幅×全高:4860mm×1840mm×1450mm
 車両重量:1430~1450kg
 エンジン:PE-VPR(DOHC 直列4気筒1997cc)、PY-VPR(DOHC 直列4気筒2488cc)
 最高出力・トルク(PE-VPR):114kw(155PS)/6000rpm・196Nm(20.0kgm)/4000rpm
 最高出力・トルク(PY-VPR):138kw(188PS)/5700rpm・250Nm(25.5kgm)/3250rpm
 駆動方式:前輪駆動
 価格:\2,900,000~\3,400,000

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月8日 | |

カテゴリー:マツダ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ