ホンダ フィット



ホンダホームページより画像引用(http://www.honda.co.jp/Fit/)

 ホンダのフィットがフルモデルチェンジをしたのは、ちょっと大きなニュースで、それだけ売れている車なのだから注目度も高いだろう。新型フィットのどこがどのように変わったのか、それだけも旧型になってしまったオーナーには気になるところ。その辺を今回はチェックしてみた。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年9月24日 | |

カテゴリー:ホンダ

フォルクスワーゲン ゴルフ



フォルクスワーゲンホームページより画像引用(http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html)

 ゴルフはフォルクスワーゲンの顔的存在であり、中核的役割を持つモデル。そのゴルフがフルモデルチェンジを行った。現時点で正規ディーラーから購入できるのは1.2TSIのみで、今後のバリエーション拡充が期待されるが、新型は、どのような車になった乗ろうか?

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年9月15日 | |

カテゴリー:フォルクスワーゲン

三菱 ekワゴン



三菱自動車ホームページより画像引用(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek_wagon/index.html)

 先頃、三菱ekワゴンがフルモデルチェンジしたが、今度のは、三菱と日産による合弁会社「NMKV」が開発を担当した。同じ車が日産ディーラーでは「デイズ」として販売されている。と、同時にターゲット層も変わっており、軽自動車の中で最も売れているトールワゴンの試乗ど真ん中に投入されたことになる。軽自動車ながら気になるekワゴンを取り上げるが、この派生モデルである「ekカスタム」についても触れておかなければならない。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年7月4日 | |

カテゴリー:三菱

レクサス IS



レクサスホームページより画像引用(http://lexus.jp/models/is/index.html)

 レクサスのラインナップの中で、ISはセダンのボトムレンジをになうとともに、世界的にも重要な車種となっているが、先頃フルモデルチェンジを行った。これまた世界市場においても比較的コンパクトな高級車というセグメントに恥じない出来となっており、本気度が様々なところに現れている。発売後間もないレクサスISだが、どこがどのようによいのだろうか?

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年6月24日 | |

カテゴリー:レクサス

マツダ アテンザワゴン XD


マツダホームページより画像引用(http://www.atenza.mazda.co.jp/)

 マツダが「フラッグシップモデル」と位置づけがアテンザがフルモデルチェンジ、受注状況は当初の状況を大きく上回り、バックオーダーを抱えている状況なので、今契約しても、納車までには今しばらく期間をおかなければならない。そのくらいに注目度が高いアテンザ、スカイアクティブテクノロジーが生み出す走りの良さなどが高く評価されている。
 それ以外にも魅力は多いが、アテンザの場合、セダンとワゴンでは性格が大きく異なるので、別々にチェックすることにした。前半はワゴン、それも注目の「XD」という、ディーゼルエンジンを搭載したグレードである。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年4月29日 | |

カテゴリー:マツダ

フィアット 500S



フィアットホームページより画像引用(http://www.fiat-auto.co.jp/product/500s/)

 最初は、
「色が増えたな…」
 くらいに思っていたのだが、それは1.2リッターの話。2気筒エンジンの「ツインエア」という環境に配慮したエンジンがあることは1年前くらいから聞いていて興味があったのだが、いつの間にか日本のフィアットディーラーでも正規輸入がされていて、2012年には250台だけマニュアルミッション車が限定販売されていたものの、わずかな期間で完売となっていた。
「マニュアル車限定販売」
 と書いたのだが、フィアット500のトランスミッションは基本的に5速セミオートマチック。ところが、日本でもマニュアルシフト車を正規に取り扱うことになったというので、ここに採り上げることにした。ツインエアについてもこれまで触れてこなかったし…。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年4月19日 | |

カテゴリー:フィアット

トヨタ クラウン ハイブリッド



トヨタホームページより抜粋(http://toyota.jp/crown/)

 クラウンは、初代のいわゆる「観音開き」から数えて50年以上の歴史を持つ車で、このように同一の名前で長期間生産されるケースは、世界でも珍しいという。しかも、ほぼ4年ごとフルモデルチェンジを経て、今なお新車が販売され、販売台数も多い。もっとも、販売台数の中には法人用、タクシー用も含まれるので、パーソナルユースのみを考慮した場合、多少和庄割引くべきと思われるが…。
 そのクラウン、2013年にフルモデルチェンジ、当初は今までになかった大胆なフロントマスクやピンクのカラーが話題を集めたが、その中身も正常進化したものになっていて、10年前のクラウンから乗り換えたとしても、はっきりわかるものとなっている。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年4月9日 | |

カテゴリー:トヨタ

ホンダ N ONE



ホンダホームページより画像引用(http://www.honda.co.jp/N-ONE/)

 2011年の東京モーターショーで話題になった軽自動車ホンダのN ONE、パッケージングを大きく見直したNシリーズの第三弾だが、現在好調な販売となっていて、街中でもしばしば見られるようになりつつある。外観は、かつてのホンダN360をリメイクしたものだが、もちろん、今風のアレンジはされている。とかく横並びの商品展開になりがちな各社の軽自動車、その中で、N ONEはどのような特徴を持っているのだろうか?

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年3月29日 | |

カテゴリー:ホンダ

ホンダ フリードスパイク ハイブリッド ジャストセレクション


ホンダホームページより画像使用(http://www.honda.co.jp/FREEDSPIKE/webcatalog/styling/)

「モビリオをフルモデルチェンジして車名を変更した」
というのが、フリードであるといえば、身も蓋もないだろうか?
小さくて7人乗れるので、割と人気があるのだが、そのフリードに、5人乗りのスパイクというモデルが加わり、ハイブリッドがラインナップされたのが、最近のこと。
そこで、今回は、
「フリードスパイク ハイブリッド」
についてレビューする。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月1日 | |

カテゴリー:ホンダ

日産リーフ G

自動車業界は、エコロジーと低燃費一色で、それを唱えば、何事もまかり通りそうな傾向すら見受けられる。
そのような中、ハイブリッドで後れを取った日産から、純粋な電気自動車「リーフ」が登場した。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年10月22日 | |

カテゴリー:日産

このページの先頭へ

スワップ