トヨタ アクア


トヨタホームページより画像引用(http://toyota.jp/aqua/)

 トヨタ、アクアは、コンパクトながらプリウス譲りの一歩先を進んだハイブリッドを搭載した車。
 2011年12月のデビュー以降、注文が殺到し、これを書いている時点で、納車まで4ヶ月待ちとか6ヶ月待ちとか噂されているほど売れている。
 東京モーターショー2011では、すでに発表されていたが、ここでもう一度、アクアの魅力について検証してみよう。

 アクアは、トヨタ自慢のハイブリッドカーで、まず注目されたのが、世界最高の低燃費、JC08モードでリッター35.4Kmという数値である。数年前、欧米では、3リッターで100kmの航続距離を実現するために、排気量を下げたり、ディーゼルエンジンを開発したりなど、相当苦労していたようだが、最近は、普通のガソリンエンジンでもリッター30kmをたたき出す車種も多く、アクアはハイブリッド機能でさらにその上をいった、ということになる。
 見逃しがちなところであるが、それに加えて、この車、重量が最上級グレードの「G」でも1080kgと、軽い。ということは、単なる経済指向だけでなく、軽快な動作が運転して楽しい車になっているのでは、と期待してしまうところがある。
 外観は、各部のプレスラインを見ると、結構うまくできていると思う。ホイールベースが長く見えるわけではないが、コンパクトカーなりに個性を出そうとして、結果、そつのないデザインになっている。
 ちなみに、初代プリウス(NHW10型)の寸法は、全長4275mm×全幅1695mm×全高1490mm。アクアはさらに小さく、大型化したプリウスの下を埋める存在になっている。
 内装は、直線を基調としたもの。インパネではセンターメーターを採用している。シートは従来より大きめになっていて、なんと、このクラスでは珍しく、テレスコピック付きのチルトステアリングがついているではないか!! 内装色は、グレードによって異なり、個人的には、「G」のアースグレーというのが、もっとも落ち着きがあって好感が持てる。
 走りは、軽量ボディーのため、パワーは必要にして十分という感じ。特に、60km/hくらいまでのきびきび感は、街乗りでストレスを感じることはないだろう。もちろん、モーターのみで走行することも可能で、そのときの静かさは、ガソリンエンジンばかりを経験する者にとって、異次元の世界と感じられるのではないだろうか?
 懸案はタイヤサイズだが、普通に、というか、エコドライブに徹するなら、むしろ標準の多少細めの方がよいだろう。活発に走る、ドライブを楽しむというのであれば、メーカーオプションの16インチをつけるのもよいけれど、最小旋回範囲が5.7mと、コンパクトカーらしからぬ取り回しの悪さになってしまうことにも注意していただきたい。
 で、トヨタ、アクア、日常の足プラスαという使い方なら、十分「買い」ではないだろうか。燃費が少ないこともメリットになる。
 価格は最上級グレードの「G」で185万円と、ハイブリッドの付加価値を考えれば十分納得できるところだが、ついにパッケージになってしまったメーカーオプションをつけると、価格はもっと高くなる。そこのところにも気を配っていただきたい。
 オプション込みで200万円をちょっと上回るくらいなら、下手なガソリン車を選ぶよりはいいかもしれない。

・スペック(G)
 全長×全幅×全高:3745mm×1685mm×1380mm
 車両重量:1080kg
 エンジン形式:1NZ-FXE(水冷直列4気筒DOHC 1496cc)
 最高出力・トルク:54kw(74ps)/4800rpm 111Nm(11.3kgfm)/3600-4400rpm
 駆動方式:前輪駆動
 価格:\1,850,000

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月4日 | |

カテゴリー:トヨタ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ