トヨタ オーリス


トヨタホームページより画像転載(http://toyota.jp/auris/)

 ぶっちゃけていえば、
「海外向けカローラ」
 を、日本に持ってきたちいうことなのだけれども…。
 逆に言えば、日本で売られているカローラが国内限定となっているだけで、国際的にトヨタの標準車となっているカローラは、こちら、またはこれの4ドアセダンを指すのである。
 ただし、厳密には、海外で販売されていたカローラ・ハッチバックの後継モデルで、「オーリス」という名前になってからは最初のモデルチェンジということになる。
 一部雑誌では、
「VWゴルフを追撃する」
 と報じられているが、たぶん、それは、カローラを含めた販売台数で対抗することだろうし、現に、排気量、サイズ的にもゴルフよりは若干小さいと考えるべきである。

 ステーションワゴンという車の形状も含まれるが、実は、5ドアハッチバックという形、車としてはとても使いやすいもので、アメリカはともかく、ヨーロッパの売れ筋車種でも、この形状はとても種類が多い。日本では、どうもイメージが上向かないが、ヨーロッパで一般的に使われる車というのは、これが標準と言っても過言ではない。むろん、トヨタもカローラというセダンと並行して、そのハッチバック版としてオーリスを用意するなど、抜かりはない。それを国内販売しているのが、日本版オーリスということになる。
 前のモデルよりも全高が低くなった。
 スポーツモデルとして売ろうとしているのだろう。
 筆者は、オーリスのグレード構成に注目してしまった。最上級グレードが、「RS」という6速マニュアル車、オートマ車はなしという潔い構成、それ以下はもちろん、日本の交通事情や需要や購買層に合わせて全グレードCVTのオートマチック車になっている。
 全幅こそ1760mmという3ナンバーサイズであるものの、トヨタは86ほどではないが、ドライバーが操って楽しい車を、またもや登場させたことになる。エンジンは2ZR-FAE、RSと180Gでは若干セッティングが異なっていて、パワーこそ1馬力しか違わないけれども、RSはハイオク仕様、その分、トルクがアップしており、車重からすれば、ワインディングを走っても非力ではなく、むしろエンジンの性能を活かした走り方ができることになる。
 かつて、トヨタは初代プリウスでエコカーの先鞭を告げたが、運転して楽しい、それもパワーに頼るのではなく、腕があればスポーツ走行も可能な車をまたも出してくるのは、エコカー一辺倒の現在、新しい動きであり、数年後には、他のメーカーも追従せざるを得ないと予測する。
 ついでに、RSと他のグレードとはインパネのデザインが異なり、RSの水温計まで備わる2眼式メーターは、運転席に座っていてやる気にさせられるくらいの質感となっている。
 実車は、筆者が見たのが1.5リッターのベーシックグレードであったためか、コマーシャルの8割くらいの格好良さと感じた。カタログ写真並みに車高が低く見えればよいのだが、その辺はRSのアフターパーツに期待しよう。
 運転がうまくなりたい方に相応しい車は、国産車にもいくつかあるが、地味ながらオーリスもそのひとつだと、筆者は声を大にして訴えたい。

・スペック
 全長×全幅×全高:4275mm×1760mm×1460mm
 車両重量:1220kg~1280kg
 エンジン:2ZR-FAE(DOHC 直列3気筒1797cc) 1NZ-FE(DOHC 直列4気筒1496cc)
 最高出力・トルク(2ZR-FAE):106kw(144ps)/6200rpm 180Nm(18.4kgm)/3800rpm
 最高出力・トルク(1NZ-FE):80kw(108ps)/6000rpm 136Nm(13.9kgm)/4800rpm
 駆動方式:前輪駆動・4輪駆動
 価格:\1,710,000~\2,250,000

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月15日 | |

カテゴリー:トヨタ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

スワップ